Closer look at the potato left - Harvest4 Closer look at the potato right - Potato control
  • Closer look at the potato middle - Girl with potato
    ジャガイモの詳細
  • sliced potato

アンデス地方を原産地とするじゃがいもは、今では広く世界中に知られ、野生種と栽培種を合わせると最も品種が多い植物です(ただし、栽培種はすべてSolanum Tuberosumに属します)。考古学的発掘調査によれば、じゃがいもは1万3,000年前にはすでにチリなど南米の一部に存在していました。8,000年前のペルーでは「コンドルの色をした女性のような」という意味のKuntur Warmiや「生まれる前のテンジクネズミ」という意味のQuwi Sulluという愛称が付けられていました。

じゃがいもは栄養豊富

じゃがいもは栄養価が高く、脂肪分を含みません。米やパスタと比べるとカロリーは半分です。じゃがいもは80%が水分ですが、カリウム、マグネシウム、リン、鉄分、カルシウムなどの必須ミネラルやビタミン、食物繊維を含むほか、複雑な炭水化物の形でデンプンを含んでいます。またビタミンBと、果物と同じくらい豊富なビタミンCを含んでおり、健康的なライフスタイルにぴったりの野菜なのです。

じゃがいもの将来性

じゃがいもは、増え続ける世界の人口の食品需要を満たすのに最適な農産物です。栽培が容易なだけでなく、とうもろこしや米と比較して作付け面積あたりの栄養価が高く、必要な水の量も少量だからです。

  • 豆知識

    じゃがいもは現在のペルー南部とボリビア北西端で初めて栽培され、紀元前8000年から5000年までの間に栽培が始まりました。

  • 豆知識

    じゃがいもは非常に栄養が豊富で、脂肪分を含まず、カロリーは米やパスタの半分です。

  • 豆知識

    英語の「potato」という呼び名は、スペイン語の「patata」から来ています。

  • 豆知識

    世界最大のじゃがいもは1895年にコロラド州(米国)で掘り出されました。重さは49kgで、長さは70cm、幅は37cmもありました。

  • 豆知識

    じゃがいものできは、栽培シーズンごとに異なります。自然の産物として当然です。

  • 豆知識

    じゃがいもは、光に当たると緑色に変色します。ここにはソラニンが高濃度で含まれ、苦みがあり、大量に摂取すると有害なので、切り落とす必要があります。

  • 豆知識

    じゃがいもは、世界の食料供給に最適な産物です。作付け面積あたりの栄養価が高く、穀物や米と比べて栽培に必要な水も少量です。

  • 豆知識

    じゃがいもは健康なライフスタイルに理想的な食品です。80%は水分ですが、ミネラル、食物繊維、ビタミンも含んでいます。ビタミンとしては、ビタミンBが含まれるほか、ビタミンCも豊富です。