Potato varieties left - Harvest3 Potatoe varietes right - Fries conveyor
  • Potato varieties middle - Potato close up
    ジャガイモの種類
  • potatoes

このページでは、Avikoが使用するじゃがいもの品種を紹介し、一部の品種が使われていない理由も説明します。適切なじゃがいもを選ぶために重要な、その他の要素についての情報もお伝えします。

Bintje(ビンチェ)

長い間、オランダではBintjeが究極の品種とされていました。家庭での調理に最適で、フライドポテトにもポテトチップスにも利用できます。Bintjeの人気が落ちたのは、栽培上の問題が生じたためでした。シストセンチュウに弱く、土壌中にセンチュウが増殖すると病害を受けます。センチュウはジャガイモの根を食べる小さな細長いイモムシで、年を追うごとに収穫量を減少させる害虫です。そのため、抵抗性のある品種が必要とされるようになりました。

それ以外にも、欧州でファーストフード店が増えたことで、長さのあるポテトの需要が高まりました。Bintjeは短かすぎるため、オランダを含む西欧のじゃがいも生産者は新たな品種を開発しました。家庭用ポテト市場とフライドポテト市場、そしてポテトチップス市場に合った特性と品質のものが開発、栽培されるようになってきました。

Agria(アグリア)

Agriaは細長い卵形の品種で、特にフライドポテト用に開発されました。Agriaの肉色は黄色ですが、フライすると美しい黄金色になり、西欧で好評を得ています。

Agriaの姉妹品種にVictoriaがあり、黄色みは薄くなりますが、フライドポテト用として優れた品種です。AgriaもVictoriaもフライドポテトに適した品種であり、フードサービス、小売店、カフェテリアでよく利用されています。

Innovator(イノベーター)

Innovatorは、世界的に評判の高い究極のフレンチフライ用ジャガイモです。細長く肉色の薄いInnovatorは、世界のファーストフード・チェーンで好まれています。細長い形はフレンチフライ用として好ましく、安定した味、外観、品質によりアメリカ、アジア、ヨーロッパで期待に応えています。

Innovatorは、その名前のとおり、以前の品種を改良した新しい品種であり、優れた特性を持っています。病気にも非常に強く、味も信頼性も優れています。

  • 豆知識

    じゃがいもは現在のペルー南部とボリビア北西端で初めて栽培され、紀元前8000年から5000年までの間に栽培が始まりました。

  • 豆知識

    じゃがいもは非常に栄養が豊富で、脂肪分を含まず、カロリーは米やパスタの半分です。

  • 豆知識

    英語の「potato」という呼び名は、スペイン語の「patata」から来ています。

  • 豆知識

    世界最大のじゃがいもは1895年にコロラド州(米国)で掘り出されました。重さは49kgで、長さは70cm、幅は37cmもありました。

  • 豆知識

    じゃがいものできは、栽培シーズンごとに異なります。自然の産物として当然です。

  • 豆知識

    じゃがいもは、光に当たると緑色に変色します。ここにはソラニンが高濃度で含まれ、苦みがあり、大量に摂取すると有害なので、切り落とす必要があります。

  • 豆知識

    じゃがいもは、世界の食料供給に最適な産物です。作付け面積あたりの栄養価が高く、穀物や米と比べて栽培に必要な水も少量です。

  • 豆知識

    じゃがいもは健康なライフスタイルに理想的な食品です。80%は水分ですが、ミネラル、食物繊維、ビタミンも含んでいます。ビタミンとしては、ビタミンBが含まれるほか、ビタミンCも豊富です。