History left History right
  • History middle
    歴史

キッチンのテーブルを囲んで座った32人のジャガイモ農家で始まった当社は、半世紀を経た今、世界的な企業になっています。1962年の創業以来、「ポテト加工業Keppel and Environs」(Aardappel Verwerkende Industrie Keppel en Omstreken)で、現実的で高い意欲を持った組織として、「じゃがいもから価値を生み出す」という1つの目的を持って活動してきました。

1962 - 1999

始まりは、オランダのホーフケッペルの歴史ある酪農製品工場でした。そこで木箱に入れたチルドのチップスを製造するようになり、その後間もなく最初の冷凍製品が生まれました。1967年にはステーンデレンに移転し、石材工場の建物の広い空間を利用してAvikoの躍進を実現していきました。Avikoは、特にその新たなポテト製品の開発に関して、国境を超えた先を見据えていました。

例えば1970年代の初期には、Avikoはスイス以外の企業としていち早くレシュティを製造しました。その後数十年間、ドイツとフランスを中心に、Avikoは欧州での地位を徐々に拡大しました。ベルリンの壁が壊された後、Avikoは間もなく東欧でも市場のリーダーとなっていきました。ポーランドに工場を建設したこともAvikoの力となりました。1990年代に入ると、欧州の外への拡大の第一歩が進められ、Avikoは欧州以外の大陸に固い足場を築きました。それ以来、Avikoは世界的な企業となり、質の高いポテト製品を食卓に届けられる国を増やしていきました。この発展を私たちは誇りに思っていますが、私たちは浮かれてはいません。ケッペルのじゃがいも農家にすぎないという気持ちを、私たちは今も大切にしています。

2000年から現在へ

今世紀に入り、ポテト製品を質の高いスペシャル製品に拡大することが努力の中心となりました。Avikoは、前菜分野の優れた製品を持つEurofritsと協力しています。ベルギーのEurofreezの買収を通じて、Avikoのマッシュポテトとポテト・グラタンの製品群が大きく拡大しました。

2008年に、Avikoは中国市場に参入し、ポテト・フレーク加工工場を設けました。地元政府との協力によるAviko甘粛省じゃがいも加工会社です。この工場は、国内市場向けにポテト・フレークを製造しています。

2011年には、Avikoは中国の厦門に2つの工場と1つの営業オフィスを持ち、これがフードサービス市場で冷凍フライド製品の需要が高まっている中国内のジャガイモ事業の責任を一手になっています。国内市場の急速な成長による機会を捉え、Avikoは雪川農業集団と協力して市場の拡大を加速させ、中国河北省の張家口に新たに冷凍フレンチフライ加工工場を設けました。

2014年に、Avikoはドイツのオーバードリングにあるバイエルン系のファミリー・ビジネスのAmbergerに多数持ち分を取得しました。この買収により、Avikoはじゃがいものスペシャル製品を拡大できるようになりました。Avikoは現在、ドイツとオーストリアのフードサービス市場への対応力が強化され、さらにその立場を拡大することができます。