よくある質問

1.Avikoの所有者は誰ですか。
2002年以後、Royal CosunがAvikoの単独オーナーとなっています。

2.Avikoでは何人の人が働いていますか。
世界で、Avikoは1,600人以上を雇用しています。ステーンデレン(オランダ)の本社では、500人の従業員が働いています。

3.Avikoのフライド製品には添加物は使われていますか。
いいえ。私たちの製品には添加物は使用していません。私たちのすべての製品は、最良のジャガイモと植物油を使って製造されていますので、人工的な添加物は不要です。

4.ジャガイモのビタミンのほとんどが皮のすぐ下に含まれているという話は本当ですか。
果物ではその通りですが、ジャガイモには当てはまりません。ジャガイモでは、ビタミンは中心近くにあります。ジャガイモの主なビタミンは、ビタミンC(免疫系や集中力に効果があります)、ビタミンB1、B2、B12です。スペシャル製品を製造する時は、すべてのビタミンを維持するよう特別な注意を払います。Avikoのポテトは最良の価値をもたらします。

5.毎年世界でどれだけの量のジャガイモが収穫されていますか。
ジャガイモの年間収穫量は平均して約2億7,200万トンで、作付面積は1,700万エーカーに上ります。この大量のジャガイモを幹線道路に並べると、地球を6周することになります。Avikoでは、最良のジャガイモを選んで製品を作るよう、努めています。

6.企業の社会的責任についてAvikoはどう考えていますか。
私たちのCSRポリシーについて。まとめれば、Avikoの持続可能性についての活動の中心は、製品で使用する油を健康的なものとして栄養価を高めること、天然資源を効率的に使用して環境に配慮すること、ジャガイモのあらゆる特性を活用すること、責任ある雇用主として健康的な行動とライフステージ重視の人事方針を重視することです。

7.Avikoは、ジャガイモの種類を選択する時に、環境を考慮していますか。殺虫剤や除草剤については、どう考えていますか。
ジャガイモ業界では、殺虫剤のほとんどは疫病菌による病気を抑制するために使われます。様々なジャガイモがありますが、この病気への耐性度が調査されています。耐性が高いジャガイモは、この病気に負けません。この値は、国によって異なります。殺虫剤については、欧州全体の方針が拡大されており、以前見られた国による規制の違いは消えていっています。